ガスコンロとIH

料理をする人にとって、調理に欠かせない火の熱源選びはとても重要なことではないでしょうか。
調理の熱源としてはガスと電気(IH)の選択肢がありますが、どちらが特出して優れているとも言い切れず、双方とも一長一短あります。
したがって調理する人の好みの問題で、料理をする頻度やどんな料理に使いたいのかといった機能性、料理の味に差が出るのか否か、あるいは月々のガス代・電気代どちらが得になるのかといった比較など、さまざまなことを考えた上で好みに合致したほうを選べば良いと思います。

世の中”オール電化”という言葉も浸透し、それが最先端のようにも感じますが、だからといってIHが優れているとか、IHはオシャレといった感覚で選ぶと、意外と失敗だったという声も聞きます。
確かにオール電化はエコを考える上でも有効的ですし、安全性でいえば火を使うガスコンロに比べると良いかもしれません。
小さな子どもがいる家庭や、高齢者だけの住まいの場合には、火を使うよりもIHのほうが危険性が少なく、またフラットな形状が掃除をラクにするといった大きなメリットがあるからです。

ただ、IHは専用の調理器具でないと使えないというデメリットがあるので、IHに切り替えたら調理器具も買い揃えなければならないという面倒さは否めません。
また、火力調整もガスに比べると自由にはならず、強火に相当するものもガスにはかなわない点、料理の味に多少の違いが出てしまうといいます。

一方、ガスコンロも日々進化しており、一概にIHより劣っているとはいえません。
現在では安全センサーが搭載されているものも多く、人が離れたり不必要であると感じるとセンサーが反応し自動的に弱火あるいは消火になりますし、形状もフラットなものが増えて掃除は格段にラクになっています。
そして、火を使ったほうが、味が美味しく調理できる料理もたくさんあって、IHを1回使ったもののガスコンロのほうが良いと戻ってくる人も少なくないようです。

Copyright © 2014 ガスコンロの基礎知識 All Rights Reserved.